更年期障害かもしれないと感じた場合、すぐに検査を受けた方がいいです。 そのまま放置すると症状が悪化して、改善するのが難しくなるかもしれません。 検査内容は以下の通りです。 ・血液検査 ・内診 ・問診 まずは血液検査を行います。 血液検査で女性ホルモンの濃度を調べることで、更年期障害の疑いがあるのか分かります。 内診では超音波を使って子宮や卵巣を検査したりなど、産婦人科系の検査を行うことが多いです。 恥ずかしいとか痛いといったイメージが強いことから、この検査を受けるのが嫌で更年期障害を我慢している人も多いですが、治したいなら絶対に受けないといけない検査だと思ってください。 問診では自分に関する簡単なことを聞かれます。 普段の生活習慣をはじめ、初潮の時期、生理周期、現在または過去の疾患、悩まされている症状などを聞かれるので、できるだけ正確に答えてください。 そして、場合によっては、心理テストを行って精神的に異常がないか調べることもあります。 検査内容は病院によっても多少異なると思ってください。